渋谷駅近くの美肌療法・疲労回復ならプラセンタ(にんにんく)注射|メディカル スイッチ イン クリニック

HOME
mail
アクセス
ブログ
取材及びメディア履歴

渋谷区 リワーク、復職支援、体力回復、コミニケーション回復

imagephoto当院では、復職に向けたプログラムを行っています。
休職・離職から再就職や復帰を目指す方が対象となります。
プログラムを通して、生活リズムの調整、業務に必要な能力の回復、再発予防などを目指します。

体力の回復を目指す

体力の回復と再発防止のため、運動、ストレッチ、ヨガ等を使用し、個々に合ったプログラムを行いながら体力の向上と運動習慣を身に付けます。

imagephoto_渋谷 リワーク04


集中力の向上を目指す

imagephoto_渋谷 リワーク06仕事に必要な集中力の向上、維持、持続力を培います。
一定時間にパソコンを使った作業や課題などに取り組むことに、
より集中力の向上と維持を目指します。






コミュニケーション能力の向上を目指す

職場復帰したときの対人交流によるストレス軽減を図ります。
SST(ソーシャルスキルトレーニング)認知行動療法などを行い、ストレス対処能力を高めます。

SSTとは“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。小児の分野では「社会的スキル訓練」とも呼ばれます。SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい治療方法で、対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能、身辺自立(ADL)に関わる日常生活技能を高める方法などがあります。

現在では、医療機関や各種の社会復帰施設、作業所、矯正施設など多くの施設で実践されています。精神障害をもつ人たちの自己対処能力を高め(エンパワメント)、自立を支援するために、この方法が広く活用されることが期待されています。
認知とは「ものの受け取り方」や「考え方」のことをいいます。ストレスを感じると、この認知に歪みが生じるようになり、悲観的 にものを考えがちになりがちになります。 その結果、抑うつ感や不安感が強まり、非適応的な行動が強まり、さらに認知 の歪みが引き起こる悪循環となってしまいます。 私達には、何かの出来事があった時に、瞬間的にうかぶ考え方やイメー ジがあり、これを「自動思考」と呼びます。自動思考が生まれることによって、いろいろな気持ちや行動につながり、出来 事→自動思考→感情→行動というような流れができます。この自動思考に気づいて、そこに働きかける方法の一つが 認知行動療法です。

例をひとつあげてみましょう。

(厚生労働省手引きより)一人で夜道に迷っている場面を想像してください。 まわりには誰もいません。疲れが全身に広がります。
このようなとき、どのような考えが浮かびますか?

「あの時も同じ失敗だった」「だめな私」「もっときちんと準備していたらこんなことにならなかったのに」と考えると、憂うつなります。 「道を教えてくれた人がウソを言ったのだろう」と疑い出すと、怒りがわいてきます。 「茂みから熊でも飛び出してきたらどうしよう」などと考えると、恐怖や不安が全身をおそいます。 「ずいぶん歩いたのだから、もう少しで着けるのではないか」と考えると、気持ちが少し軽くなります。遠くに灯りのついた家が目に入って「道が聞ける」と考えると、希望がわいてきます。

この例から分かるように、同じ体験をしても、それをどのようにとらえ、考えるかで、そのときに感じる気分はずいぶん違ってきます。身体の反応や行動も違ってきます。 認知行動療法はあなたの考えをしなやかに、柔らかくして、あなたの気分を軽くしてストレスを減らす手助けをするのです。

ストレスケア能力の向上を目指す

職場復帰により、かかるストレスなどセルフケアを行っていきます。
講義・ディスカッション・ロールプレイなどを通じて再休職予防に取り組みます。


プライベートの充実

imagephoto_渋谷 リワーク10

復職した後に仕事の時間とプライベートな時間を「Switchi」(切り替え)することにより、ストレスを解消し再発や再休職を予防する事ができます。
楽しみながら体験できる手工芸や音楽などを行いながら身体を休め、心のリフレッシュを目的とします。

リワークスケジュール

(2017.3 改変)

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
9:00~10:30 Exercise therapy
10:30~12:00 Assessment sheet
Group discussion
Hearing
Psychoeducation
Office Work
Self Specification
sheets
Self care II Presentation
Group discussion
12:00~12:30 Report
12:30~13:00 Lunch
13:00~14:30 Writing Discussion Doctor/Staff consults Office Work
Self Specification
sheets
Cognitive behavioral
therapy I
Presentation
14:30~16:00 Office Work
Self Specification
sheets
Office Work
Self Specification
sheets
Group
Psychotherapy
Office Work
Self Specification
sheets
Office Work
Self Specification
sheets
16:00~17:30 Food
management
Doctor/Staff consults Group
Psychotherapy
Self care I Mini Presentation
17:30~19:00 Office Work
Self Specification sheets

復職判断基準

1、約1、2ヶ月のリワーク通院
2、出席率8,9割
3、再発防止対策の「セルフチェックシート」を完成していること

※ 基本スケジュールは10:30-16:30となります

ご不明点はお気軽にお電話ください。

HOME > REWORK PROGRAME
PAGE TOP

CONTACTS

FIORE プラセンタ注射

HOME